【新商品レビュー】コンビニ限定の生ジョッキ缶第2弾『アサヒ食彩』

以前asologyでも紹介した、2021年4月に発売されるや売れすぎて販売一時中止にもなった『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』(過去記事はこちら→売れすぎて販売中止になったアサヒスーパードライ生ジョッキ缶を呑んでみた

その「生ジョッキ缶」第2弾として、7月11日から全国の酒類取り扱いのコンビニエンスストアで発売されているのがプレミアムビールの新ブランド『アサヒ食彩』です。

アサヒ食彩

アサヒビール株式会社

リリースによりますと、厳選した麦芽とフランス産の希少ホップ「アラミス」を含む5種類のホップを使用し、高い濃度で麦汁を発酵させることで、華やかで豊かな香りと濃厚なコクが楽しめるということです。

『アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶』で、すっかりこの泡立つ缶ビールの虜になっていた私は発売日を1日勘違いしていまして、慌てて発売翌日にコンビニに走り、何とかゲットしました。SNSなどでは、発売当日にコンビニ5件はしごしたとか書いてあったのでちょっと不安でしたが、私が住む地域のコンビニでは余裕で1件目で買えました

せっかくなので、「生ジョッキ缶」と吞み比べてみることに・・・。

泡立ちとしては、今回だけかもしれませんが「生ジョッキ缶」の方がよく泡立ちました。

まずは、「アサヒ食彩」から一口・・・。おお、期待通りのクリーミーな泡に、そしてフランス産の希少ホップ「アラミス」を感じるフルーティーな香りが広がります。私クラフトビールを好んでよく吞みますが、クラフトビールほど個性的ではないにしろ、上品でかつキレもあり、後味はすっきりしています。

そして、「生ジョッキ缶」。言うまでもなく、ガツンとした苦みや喉を駆け抜ける爽快感がいい!安定の旨さです。

どちらかと言えば私(アラフォー女性)は、「アサヒ食彩」の方が好みで、デザインも高級感があり女性向きかもと思わせるビールでした。

アサヒビールと言えば、前述した「生ジョッキ缶」や、その後発売された「マルエフ」も売れすぎて販売一時中止になったので、この「アサヒ食彩」もそうなる可能性は高いと私は見ています。
気になる方はコンビニへお急ぎください!

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

21 2
焼ビーフンでお馴染みケンミン食品株式会社が、公式X(旧Twitter)で「焼ビーフンは主食vsおかず」をテーマにしたアンケートを1月23...
41 2
全国の雪見だいふくファンの皆さんに朗報です!ロッテは、ふわふわ食感でクリームを存分に楽しめるクリーム大福『生雪見だいふく』を全国発売する...
23 2
中華あんかけファンの皆さん、今年もほっともっとの『中華あんかけシリーズ』が発売となりました! asologyでも毎年この時期にご紹介し...
28 2
日本で最も多くの国・地域を取り扱う旅行ガイドブック『地球の歩き方』が、いよいよ地球以外のエリアに進出しました!本日1月25日から全国書店...
25 2
これまで、SNS映えを意識したビジュアルや好き嫌いが分かれる食材を使った商品を開発し、数量・期間限定で発売するといったあえて賛否両論を狙...
24 2
「デザイナーズ印鑑」と呼ばれるユニークなハンコを販売している城山博文堂から、新たに白黒2色の毛色の動物デザインが入ったハンコ「白と黒の誘...
74 2
今が旬の牡蠣、今年はもう召し上がりました?いろんな食べ方ありますが私はカキフライが大好きで、自宅で作ると超絶面倒なので、もっぱら買うか外...
31 2
「東京ばな奈」と言えば、今も昔も大人気の東京土産。その『東京ばな奈』を販売する東京ばな奈ワールドが、本気を出して作ったドリンクがこちらの...