これが最後のYAMAHA SR400 43年作り続けてついに生産終了

これが最後のモデル

YAMAHAは、中型バイクの名車SR400の歴史に終止符を打ちます。最終モデルを3月15日に発売し、それを最後にディスコンとなります。

SR400は1978年に発売。クラシカルでシンプルなデザインは発売以来人気であり続け、250cc以上400cc未満のクラスで昨年も3番めの販売台数だった。

シンプルが故にカスタムベースにもなり、シンプルが故に飽きずに乗れるバイク史に残る名車です。

ビッグシングルの魅力

そしてなんといっても400ccでありながら単気筒というビッグシングル。エンジンの強烈な鼓動感やパルス感がマルチや、250cc未満には無い心地よさでバイクらしい排気音が存分に楽しめます。その上キックスターター。

筆者も数年間SRを所有していましたが、400cc単気筒のキックスタートは、女の子ではエンジンをかけるのがちょっと難しくなる重さ。しかしそれが、エンジン始動したときの喜びや高揚感を感じさせる儀式でした。

無駄な機能やデザインは一切なく、ブレーキだって前後ドラム(現行モデルはフロントがディスク)でしたが、カスタムもツーリングもサウンドも、とにかくバイクの醍醐味を感じられた1台でした。SRほど後々別れを惜しんだモデルはなかったなと思います。

その名車SR400も、これまで生産終了と復活を繰り返してきましたが、新たな排ガス規制に対応するのは困難となり、YAMAHA自身が次期モデルはないと明言しています。

最終モデルは2種

有終の美を飾る最終モデルは2種。「SR400 Final Edition」と「SR400 Final Edition Limited」だ。

SR400 Final Editionは、ダークグレーメタリックN(ダークグレー)とダルパープリッシュブルーメタリックX(ブルー)。

特別モデルは1,000台限定

SR400 Final Edition Limitedは、ブラックのサンバースト塗装を施したタンクに音叉マークは真鍮製で経年変化を楽しめるプレミアムな仕様。塗装は職人の手作業によるため、ひとつとして同じものはないそうだ。

さらに、シートは本皮調シート、ホイルやメーターもこだわりのカラーリングに仕上げ、エアクリカバーにFinal Editionの文字入り電鋳立体エンブレムを採用するというこだわりで1,000台限定となっている。

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)   

関連記事

54 3
例のウィルスのまん延で、密にならないことからバイクに乗る方が増えているようですが、無免許で50年もバイクに乗り続けた男性が逮捕されSNS...
84 3
ショッピングモールなどで、子どもが駄々をこねて泣きじゃくっている光景。 よく母親が「もう知らない!」といって置き去り(実際は距離を置く...
317 2
犬も猫も飼ったことある人ならわかると思いますが、犬はお散歩大好き、対して猫は田舎の方で放し飼いにしていても自らの縄張りの外へはほとんど出...
94 2
2021年最も日本で売れたバイク。それがホンダ「Rebel250」。 その台数はなんと大台にのって12,048台! 売れすぎです...
1115 2
よくぞ金曜日までたどりつきました・・ 少しずつ暖かくなり、春の音が聞こえてきそうな今日このごろ。胸をえぐられるようなニュースが飛び...
1281 2
よくぞ金曜日までたどりつきました! 来週は水曜日がお休みです。2/23は天皇陛下のお誕生日ですね。水曜お休みというのは、月曜金曜、...
3160 2
1月27日深夜、高校生が警察に暴走族と間違われて殴られ片目を失明したとして、若者たちが沖縄県警沖縄署を襲撃しました! 拡散されたSNS...
297 2
「エクストリームバイク」とは、バイクを手足のように操って様々パフォーマンスを行う世界大会も行われている競技です。 体の重心移動、ア...