これが最後のYAMAHA SR400 43年作り続けてついに生産終了

これが最後のモデル

YAMAHAは、中型バイクの名車SR400の歴史に終止符を打ちます。最終モデルを3月15日に発売し、それを最後にディスコンとなります。

SR400は1978年に発売。クラシカルでシンプルなデザインは発売以来人気であり続け、250cc以上400cc未満のクラスで昨年も3番めの販売台数だった。

シンプルが故にカスタムベースにもなり、シンプルが故に飽きずに乗れるバイク史に残る名車です。

ビッグシングルの魅力

そしてなんといっても400ccでありながら単気筒というビッグシングル。エンジンの強烈な鼓動感やパルス感がマルチや、250cc未満には無い心地よさでバイクらしい排気音が存分に楽しめます。その上キックスターター。

筆者も数年間SRを所有していましたが、400cc単気筒のキックスタートは、女の子ではエンジンをかけるのがちょっと難しくなる重さ。しかしそれが、エンジン始動したときの喜びや高揚感を感じさせる儀式でした。

無駄な機能やデザインは一切なく、ブレーキだって前後ドラム(現行モデルはフロントがディスク)でしたが、カスタムもツーリングもサウンドも、とにかくバイクの醍醐味を感じられた1台でした。SRほど後々別れを惜しんだモデルはなかったなと思います。

その名車SR400も、これまで生産終了と復活を繰り返してきましたが、新たな排ガス規制に対応するのは困難となり、YAMAHA自身が次期モデルはないと明言しています。

最終モデルは2種

有終の美を飾る最終モデルは2種。「SR400 Final Edition」と「SR400 Final Edition Limited」だ。

SR400 Final Editionは、ダークグレーメタリックN(ダークグレー)とダルパープリッシュブルーメタリックX(ブルー)。

特別モデルは1,000台限定

SR400 Final Edition Limitedは、ブラックのサンバースト塗装を施したタンクに音叉マークは真鍮製で経年変化を楽しめるプレミアムな仕様。塗装は職人の手作業によるため、ひとつとして同じものはないそうだ。

さらに、シートは本皮調シート、ホイルやメーターもこだわりのカラーリングに仕上げ、エアクリカバーにFinal Editionの文字入り電鋳立体エンブレムを採用するというこだわりで1,000台限定となっている。

関連記事

112 2
「エクストリームバイク」とは、バイクを手足のように操って様々パフォーマンスを行う世界大会も行われている競技です。 体の重心移動、ア...
424 2
コロナ問題で外出自粛が叫ばれるようになって1年余。 職業柄、好きな旅行を封じた人、他県にいけなくなった人、家からほとんど出れなくな...
1211 2
よくぞ金曜までたどりつきましたね! 来週から6月!6月は祝日が1日たりともない! 気を落とさないでくださいね! バックナン...
338 2
ブレンボといえばキャリパー(※)。キャリパーといえばブレンボ。 ©brembo というほどモータースポーツ界では圧倒的なシ...
840 2
ついに来ましたね!ここ最近は中型のオーセンティックなネイキッドを出してこなかったホンダから、満を持して登場です。 写真は「GB3...
374 2
筆者は鉄道マニアでもなんでもないんですが、たまにテーマパークとか遊園地で子どもを乗せて走るちっこい機関車をみると、なんだかすごく胸が踊る...
509
バイクの世界では昨今電動バイクを各社発表するなど、これまでなかった斬新なデザインのバイクが増えています。スーパースポーツの電動バイクや、...
2081
今週もよくぞ金曜日までたどり着きました!そろそろやめてしまおうかと思いましたが、「たのしみしている」という声が(脳内で)聞こえてきました...