「OK Google, この曲は何?」鼻歌検索がスタート

目次
  1. Hum to Search

Hum to Search

期待のGoogle検索の新機能「鼻歌検索(Hum to Search)」が日本でも提供が開始されました。

曲名が分からなくてなんだかイライラする事ありますよね。
Hum to Searchは曲を口ずさめば曲名やアーティスト名などが検索できる機能です。
Googleの機械学習アルゴリズムが鼻歌を解析し、一致する曲の候補を提示。完璧な音程でなくても一致する可能性の高い曲が複数表示され、その中から知りたい曲やアーティスト情報を調べられるというものです。

Hum to Searchで鼻歌などを聴き取ってから、検索結果が出るまでの簡単な流れは以下の通りです。

  1. 音源から得られるメロディーを機械学習モデルが数列に変換する
  2. 数列をデータベースと照合する
  3. 一致度の高い楽曲を検索結果として提示する

メロディーを数列に変換する際には、伴奏、音調、声質などの「余計な情報」を取り除いて、周囲の雑音や、ある程度は許容できるようにアルゴリズムも調整してあるそうです。

AndroidのGoogleアプリとモバイルのGoogle アシスタントで対応し、iOSでも今後対応予定とのことです。

関連記事

162 1
Googleが提供しているバーチャル地球儀「Google Earth」が地球環境の変化(温暖化)を36年分の衛星写真をタイムラプスで公開...
113 1
アメリカだけなのがすごく残念なのですが、Googleマップ上で駐車場や公共交通機関の運賃の支払いができるようになったそうです。 Goo...