昨日テレビでみた「粗品」のお父さんの歌が面白かった!

昨日何気なくテレビを見ていましたら、お笑いコンビ、霜降り明星粗品の歌が流れていて、なんだかおもしろかったのでご紹介します。

霜降り明星 粗品 「父ちゃんの歌」

昨日、2021年5月6日、何気なくみていた、「クセスゴ歌謡祭2時間スペシャル」(フジテレビ・関西テレビ系)。その中で霜降り明星の粗品が披露した「父ちゃんの歌」

子どもの頃からずっと病気だったお父さんの事を歌っています。余命1年と言われ、残りの1年を楽しい思い出にしようとしていたら、

 

次の月に死んだー

 

しかも↓

 

正直最初の1ヵ月だからだらだら過ごしてたー

 

あと1年あると思いますもん。そうなりますよ 涙

 

最後にこう締めくくっています。

 

余命みたいなもんはもっと短めに言うとけー

 

確かに、だらだらしちゃいますもんね 涙

 

笑っていいのか、笑っちゃいけないのかわからない歌ですが、YouTubeのコメントには、お父さんへの愛が感じるというようなコメントが多数。

 

たしかこの人、かなりのギャンブラーでしたよね?有り金使いはたしちゃうような。

勝手な推測ですが、子どもの頃からずっと病気しているお父さんをずっとみて育って、
しかも余命1年って言われたのに、だらだら?して亡くなったお父さんを見送って

人生の儚さを感じて、お金持ってたってしょうがないって
今を楽しまないとって思ってるのかなぁーなんて考えてしまいます。

ちょっとブラックなモノが好きな私。この歌なんだかツボってしまいました。みなさんも聴いてみてくださいね!

関連記事はありません