NVIDIAが選ぶ期待のロボット5選

今年話題となったものに、AIによる画像生成AIがありました。「Midjourney」や「Stable Diffusion」で生成された画像やイラストレーションや対話型AIの「ChatGPT」によるチャットが話題となりました。

NVIDIA Jetsonを展開する、NVIDIAは2022年の世界を変えるロボット5選を発表しています。

Monarch Tractor

カリフォルニア州リバモアに本拠を置くモナーク社は、除草剤の精密噴霧器のようなコンピューター ビジョン誘導のスマートな器具と互換性のある自律性を備えた最初の商用トラクターを発表しました。

6つのNVIDIA Jetson Xavier NXシステムオンモジュールを使用するモナークのファウンダーシリーズ MK-Vトラクターロボットです。

高い能力を誇る農業用トラクターは、1度の充電でまる1日稼働。NVIDIA Jetson プラットフォームは、エネルギー効率の高いコンピューティングを MK-Vに提供しています。

Cartken

カリフォルニア州オークランドに本拠を置くCartkenは、自社のロボットでGrubhubStarbucksの配達を行っています。

ロボットによる配達はブームになりつつあります。ABI Researchによると、ロボットによるラストマイル配送の収益は、2022年の7,000万ドルから2030年には9倍以上の6億7,000万ドルになると予想されています。

© 2022 Cartken Inc.

Fraunhofer IMLの自律移動型ロボット

ロボット、特に自律移動ロボット (AMR) は、サプライ チェーンの効率化に大きな役割を果たしています。これらのロボットには物流アプリケーションツールの「NVIDIA Isaac Sim」が採用されています。

コンビニエンスストアで棚を補充するNVIDIA AI駆動型ロボット

東京に本拠を置くTelexistenceは、日本のファミリーマートで棚の商品を補充するために NVIDIA AI駆動型ロボットを展開する計画を発表しました。これにより、小売業の従業員は顧客サービスなどのより複雑な課題に対応できるようになります。

Scythe M.52

コロラド州ボルダーに拠点を置く Scytheが開発した芝刈り機です

8台のカメラと12個以上のセンサーからデータを収集し、AIで処理することで自動走行を可能にしました。Scytheは、刈り取った草の面積に応じて費用を回収する「ソフトウェア・アズ・ア・サービス」モデルで顧客に機械を貸出し、初期費用を削減することを計画しています。

近い将来、身の回りにロボットがたくさん働いていると思うとワクワクです。

NvidiaのAIロボット技術に今後も注視していきたいと思います

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

103 2
ChatGPTがとんでもない進化!手書きの絵からHTMLを生成し話題となっています! 新しいAIモデル「GPT-4o」 Op...
42 3
火炎放射ロボット犬サーモネーターが、9,420ドルであなたのものに 日本ではとても購入できないようなものが、アメリカでは販売されていま...
27 3
2024年4月16日、ロボット企業「ボストン・ダイナミクス」が、二足歩行ロボット「Atlas」の開発事業から撤退することを発表しました。...
37 1
PLAUD NOTE「プラウドノート」 会議の議事録の記録作業で活躍するボイスレコーダーですが、どうしても文字起こしや要約する作業が必...
64 3
森永乳業は、人類とAIによる料理対決として 「クラフト バジルフレッシュモッツァレラ」を使ったアレンジレシピ対決を3月25日(月)に実施...
48 3
電子透かし 色々な媒体で見かけることが多くなった生成画像ですが、OpenAIは画像生成AIの「DALL-E 3」で生成された画像に対し...
49 4
チャイルドシートの悩み 車のチャイルドシートにお子様を乗せてお出かけの際に困ることに、後ろの座席にチャイルドシートを設置するため運転中...
49 3
AI画像認識を活用して「きのこの山」と「たけのこの里」が写る写真から「きのこの山」だけを消すシステムが開発され話題となっています。 ...