ホストの帝王ローランドの自伝的漫画「ローランド・ゼロ」が10万部を突破。第2巻も発売決定!!

「俺か、俺以外か」の数々の名言を生み出し、日本一の歓楽街・歌舞伎町でホストの帝王として君臨するローランドの自伝的漫画「ローランド・ゼロ」が、発売から1か月が経ち10万部を突破しました。

『ローランド・ゼロ』(宝島社)

学生時代の挫折や、ホスト業界を志して経験した下積み時代を描いた成長物語で、少年篇・挑戦篇・覚醒篇の3章構成。

『ローランド・ゼロ』(宝島社)

作画を担当したのは、ホスト漫画の金字塔『夜王』の井上紀良氏。ローランドが小学生のときに出会い、ホストという仕事を選ぶきっかけとなった漫画です。『夜王』の登場人物の一人である「聖也」は、ローランドが唯一インスパイアされたというホストで、今回の『ローランド・ゼロ』にも、そんな出会いをイメージしたシーンが出てきます。少年時代のローランドも憧れた伝説のホスト――10年越しに実現したというローランド念願のコラボは必見です。

『ローランド・ゼロ』(宝島社)

また、第2巻となる『ローランド・ゼロ 逆襲篇』の発売が決定!!

宝島社のHPには
「キツい下積み時代を経て、名前を「ローランド」と改名した彼は、ここからどのようにしてホスト界の帝王へと上りつめていったのか? これまではあまり語られてこなかった彼自身のエピソードをベースにしたストーリーは、ローランドの新たな一面、生き方、哲学が学べます。」と紹介されていました。

第1巻が10万部突破し、ますます絶好調のローランド。第2巻もどんな伝説を生み出すのか楽しみです!

関連記事

38 2
ファッション雑誌などを手掛ける大手出版社・宝島社が、5月11日(火)に朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞の朝刊3紙(全国版)に同時掲載した...
67
4月14日に宝島社から発売された『呪術の日本史』。装丁を見てもおどろおどろしい本のようですが、こちら今人気爆発中のアニメ『呪術廻戦』を日...