AIモデルがその場所をどのように「認識」しているかを映し出すカメラ。

オランダ・アムステルダムで活動するデザイナーのBjørn Karmannさんが、撮影する場所の位置情報などからAIが写真を生成するカメラ「Paragraphica」を製作し話題となっています。

Paragraphica

image : bjoernkarmann.dk

Paragraphica は、位置データと人工知能を使用して特定の場所と瞬間の「写真」を視覚化する、コンテキストを画像に変換するカメラとのことなのだそうです。

開発したBjørn Karmannさんによると・・・

  • カメラは、オープン API を使用してその位置からデータを収集することによって動作します。住所、天気、時刻、近くの場所を利用します。これらすべてのデータ ポイントを組み合わせて、Paragraphica は現在の場所と瞬間の表現を詳しく説明する段落を構成します。
  • テキストから画像への AI を使用して、カメラは段落を「写真」に変換します。
  • 結果として得られる「写真」は単なるスナップショットではなく、あなたがいる場所、そしておそらく AI モデルがその場所をどのように「認識」しているかを複雑かつ微妙に反映しています。

興味深いことに、写真はその場所からの思い出の雰囲気や感情をいくつか捉えていますが、それは不気味な方法であり、写真は実際に私がいる場所とまったく同じには見えないためです。

と、説明されています。つまりは、AIが学習した場所についての情報を一つの文章(段落)としてまとめ、それを画像生成しているのだと思われます。

気になるのはカメラの前面つけられた赤いオブジェクトですが、地下に住んで狩りをするホシバナモグラをイメージして取り付けたもので、指のような触角を通して世界を認識するように進化したモグラです。人間の見る世界とは全く違う世界を見ていることを模したデザインとのことでした。

本体のダイヤルについて

左のダイヤルは光学レンズの焦点距離と同様に動作しますが、代わりにカメラが場所やデータを検索するエリアの半径 (メートル) を制御します。

真ん中のダイヤルは、0.1 ~ 1 の値が AI 画像拡散プロセスのノイズ シードを生成するため、フィルム グレインに相当します。

右のダイヤルはガイダンス スケールを制御します。ガイダンスを増やすと、AI は段落にさらに厳密に従うようになります。従来のカメラに例えると、値が大きいほど写真が「鮮明」になり、値が小さいほど「ぼやける」ことになり、焦点が合っていることを表します。

image : bjoernkarmann.dk

左が実際の撮影現場で、右がAIが生成した画像です。

image : bjoernkarmann.dk

image : bjoernkarmann.dk

image : bjoernkarmann.dk

実際の撮影の様子

https://bjoernkarmann.dk/project/paragraphica123

現在、Paragraphicaのページはアクセスが集中しているようです。

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

113 2
ChatGPTがとんでもない進化!手書きの絵からHTMLを生成し話題となっています! 新しいAIモデル「GPT-4o」 Op...
37 1
PLAUD NOTE「プラウドノート」 会議の議事録の記録作業で活躍するボイスレコーダーですが、どうしても文字起こしや要約する作業が必...
64 3
森永乳業は、人類とAIによる料理対決として 「クラフト バジルフレッシュモッツァレラ」を使ったアレンジレシピ対決を3月25日(月)に実施...
48 3
電子透かし 色々な媒体で見かけることが多くなった生成画像ですが、OpenAIは画像生成AIの「DALL-E 3」で生成された画像に対し...
49 3
AI画像認識を活用して「きのこの山」と「たけのこの里」が写る写真から「きのこの山」だけを消すシステムが開発され話題となっています。 ...
35 2
パートナーとの出会いをお手伝いする「マッチングアプリ」を東京都が制作中!2024年度から公開とあって話題となっています! 東京都が「マ...
76 2
波乱の人生を歩んできたからこそ、説得力ある言葉の数々で私たちを魅了するデヴィ夫人。そんなデヴィ夫人の人格を、ChatGPT・AI技術を駆...
49 2
対話玩具「Grok」シリーズ インターネットに接続してAIとお話を楽しめるぬいぐるみが登場しました。 これまでも対話ができるおも...