これからはスマホでかゆみを止める時代?ドイツで60万台売れた「heat it®(ヒートイット)」

先日、今年初めての『蚊』を我が家で確認しました。いよいよ、夏の虫刺されとの戦いが始まりますね。

ドイツでは、昔から「おばあちゃんの知恵」として、刺された箇所に温めたスプーンを当てる温熱療法(ハイパーサーミア)があり、それをヒントに生まれた全く新しいかゆみ止めがこちらの「heat it®(ヒートイット)」です。

スマホでできる虫刺されのかゆみ止めグッズ「heat it®(ヒートイット)」の画像

TONICHI

かゆみが起きるメカニズムの一つは、細胞から分泌される「ヒスタミン」が知覚神経に作用することで、ドイツの医療機器メーカーのカメディ社によると、温めることでヒスタミンの分泌を抑える効果があるといいます。そこで、2016年からカメディ社では、これを外出先でも簡単にできないかと機器の開発に着手。どれくらいの熱さで何秒くらい患部に当てれば最も効果的かなどを検証し、スマホから給電できる商品として2020年に発売したのが「heat it®(ヒートイット)」です。

使い方(リリースより)
1. heat itアプリ(日本語に対応)をスマホにダウンロードする
2. heat itをスマホに挿入(アプリが起動します)
3. アプリで温度や時間を設定し熱を作る
4. heat itを4~10秒ほど患部に押し当てる
■   使う人や肌質によって合計12パターンの最適な温度や時間を選べます。
■   4歳以上のお子様の使用も可能です。(12歳未満の方は保護者と一緒に使用してください)

スマホでできる虫刺されのかゆみ止めグッズ「heat it®(ヒートイット)」の画像

TONICHI

  • 商 品 名:スマホひとつでできる虫よけケア「heat it」
  • 対応機種:iPhone・Android(Cタイプ)、iPhone(ライトニング)
  • 販売価格:各6,820円(税・送料込み)
  • 販売ページ:https://item.rakuten.co.jp/tbox/heatit/
    *本商品はドイツ製製品となりますが、T-BOXでの購入者には日本語の取り扱い説明書をお付けします

私が子どもの頃は、虫に刺されたら爪で患部にバッテンが付くように跡を残してかゆみを和らげていたものです。現在では、かゆみ止めのパッチシートなどの虫刺されグッズもたくさん出ていますが、まさかスマホでかゆみを止める時代が来るとは!

こちらの商品は、その手軽さと、薬品と違って弱い肌でもかぶれる心配がないことから、ドイツでは3年間で累計60万台を売り上げたヒット商品ということで、今年の夏はこんな風景をよく見かけるようになるかもしれませんね。

スマホでできる虫刺されのかゆみ止めグッズ「heat it®(ヒートイット)」の画像

TONICHI

CCBot/2.0 (https://commoncrawl.org/faq/)  / 

関連記事

25 3
送信回数が1,200万回 LINEヤフー株式会社によると、LINEスタンプが提供している、対象のLINEスタンプを自由に組み合わせて一...
66 3
コンサート中に鳴った携帯の着信音。それに見事な対応をしたピアニスト「角野隼斗」の行動が話題となっています! 携帯の着信音に神対応のピア...
61 3
昨年末から、人気となっているNintendo Switchソフトの「スイカゲーム」がiOSのアプリでも楽しめるようになりました。 ...
50 2
最近では、学校教育の現場でも1人1台のタブレットが当たり前になり、私生活を含め子どもたちがスマホやタブレットに接する時間も長くなっていま...
59 3
長時間のスマホ使用によるトラブル 最近ではパソコンやスマートフォンといったデジタル機器の増加に伴い、これらのLED液晶画面から多く発せ...
227 2
勉強中の誘惑と言えば、今は「スマホ」ですよね。我が家の高校生の息子も、家で勉強するときは常に机の上にスマホがあります。たまに勉強中(であ...
84 3
ゆっくりと画像が変化するアハ体験動画。 どこが変わっているか気づくとスッキリします! 脳の活性化、リフレッシュ、ストレス解消...
2535 2
いよいよ受験シーズンが始まり、この時期楽しみなのがカロリーメイトの「受験生応援CM」。今年のCM『狭い広い世界で』篇が11月26日からオ...