【京アニ放火事件がきっかけ】中学生が発明した「室内から外せる窓の格子柵」が凄い!

多くの方が命を落とした「京都アニメーションの放火事件」をきっかけに、中学生が火災時に室内から開けられる格子柵を発明しました!

2020世界青少年発明工夫展 銀賞


この「災害時・火災時に室内から開けられる格子柵」を発明したのは、岐阜県中津川市の中学3年の稲垣龍樹さん15歳。世界各国の青少年の発送や創造性を競う「世界青少年発明工夫展」で、2020年の銀賞に輝きました。

災害時・火災時に室内から開けられる格子柵

火災時に室内から開けられる格子柵は、室内側に留め具がついていて、そのオレンジのレバーを上に上げると室内から柵を簡単にとりはずす事ができ、外へ避難できるようになっています。

発明のきっかけは「京都アニメーションの放火事件」

この発明のきっかけとなったのが、2019年7月におきた「京都アニメーションの放火事件」。防犯用の格子柵で逃げ出せなかった状況を見て、「命を守るための防犯用の格子柵が逆に命を奪う形になっている」と疑問をもちこの発明となったそうです。

龍樹さんの発明に、市販されている格子柵は防犯目的、取り外せる柵は見たことがないと驚きの声が上がっています。

関連記事

122
「○歳のホスト」として、子どもなのに盛り盛り金髪ホスト風ファッションの「流ちゃろ」くんを覚えているでしょうか?その「流ちゃろ」くんがこの...
417
Photo: Unnecessary Inventions これから本格的な夏に向けてどんどん暑くなる季節!蒸れる蒸れる!蒸れる...